自然葬と宗派の問題は

自然葬の考え方の根底には、自然信仰の概念があります。
自然信仰と言うと大げさになりますが、「大地に還る」や「土に還る」、「海に還る」といった考え方は、自然への思慕であり、これが自然信仰の本質に相当します。自然葬には基本的に宗派がありません。

そのため夫婦で宗派が違う場合など、個を尊重しつつそれでも一緒に眠りたいといった時に、自然葬の選択に至ったというケースは多いものです。

四日市で葬儀の事前見積りの評判が高いです。

それでは全く法事のようなものがないのかと言えばそういうことではなく、樹木葬や現代スタイルの土葬といった土地で自然葬を実施するものでは、お別れ式や節目節目の合同式などが用意されているのがほとんどです。

役立つ散骨に関するお役立ち情報サイトです。

個人が埋葬されるお別れ式の時に、自分の宗派に基づいたスタイルで執り行うことにも、支障がないケースが多く見られます。
しかし業者ごとの方針もありますので、確認が必要です。

あなたに合った新宿の永代供養墓の情報が詰まったサイトです。

またどうしても家の制度を尊重しなければならない環境にあり、それでも自然葬を望む場合には、遺骨の一部だけを家のお墓に埋葬し、そのほかは自分の意向に沿ったものにするということも可能です。檀家制度がきっちりしているところでは、自分だけの考えで埋葬方法を決めることが難しい場合もあるでしょう。
他者を尊重しつつ、自分の個としてのポリシーも満足できるような方法はあるものです。

http://store-tsutaya.tsite.jp/item/rental_dvd/081287424.html情報ならこちらをご利用ください。

生前からしっかりと自分自身で取り決めを行っておくことが出来るようになっています。

http://top.tsite.jp/news/j-pop/i/27389007/の有益な情報を提供します。

すべてを生前に決定し、それを遺言に盛り込んでいる方は増えています。

http://girlschannel.net/topics/1072261/

関連リンク

自然葬を望む人が増えている社会的な背景


日本ではこれまで人が亡くなると火葬され、遺骨は先祖代々の墓石のある墓に入るという方法が一般的でした。けれど、近年核家族化に伴って墓を建てても無縁墓地化するケースが増えており、これまでの一般的な葬法にはこだわらなくてもよいと考える人が増えてきました。...

自然葬の中でも桜葬が人気の理由


自然葬が支持される傾向が始まってから10年ほど経ちますが、当初は海に還るといったイメージに基づいた自然葬が主なものでした。日本の法律において、海への散骨が一番支障がないことも言えますが、自然葬に対する個々のイマジネーションがまだまだ希薄であったということもあるでしょう。...