夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年8月31日

保育士への転職を目指すには専門学校が最適です

待機児童の問題が大きく取り上げられていますが、保育士の不足もそれに負けず劣らず深刻な問題です。

ここまで不足する原因は、重労働でありながら賃金が安いこと、
要員不足に伴い長時間労働が当然の職場であることが考えられますが、最近では大きく改善されており、他の仕事から転職する人も増えています。

こういった状況で、保育士に転職するためには、国家資格を取得する必要がありますが、厚生労働大臣が指定する専門学校に入学して、所定の単位を取得、卒業すれば自動的に資格を取得できます。

なお、専門学校の中には、夜間過程を設けているところもありますから、転職を希望している人は、現在の仕事をすぐに辞めなくても済みますから、こういった専門学校に入学することも良い方法です。

これ以外の方法としては、独学や通信講座を受講して、国家資格を取得する方法もありますが、やや敷居が高いと言えるでしょう。

また、専門学校には2年制と3年生の2種類がありますが、大きな違いは3年制は幼稚園教諭の資格を取得できることです。将来のキャリアパスを考える人は3年生、できるだけ早く保育士として働きたい人は2年生を選ぶと良いでしょう。

元来、保育士は、女性からの人気が高い職業ですが、いつしか厳しい職場だというイメージが先行し、敬遠されるようになりました。しかしながら、労働環境は年々改善されていますし、なにより、やりがいのある仕事です。

専門学校では、基礎からしっかりと教えてくれますから、保育士への転職を希望するなら最適な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *