夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年8月31日

保育士を養成する専門学校に進学する魅力

働く女性が増加したことで保育所をはじめとした保育施設が急増しています。

また、保育士は児童デイサービス事業の職員や親が整骨院で施術を受けている間、
子どもの面倒を見る保育スタッフというように、様々な領域で求められるようになりました。

さらに被虐待児の増加に伴い、児童養護施設の職員配置基準が向上し、より多くの人員配置を行うようになった関係で、保育士の求人は非常に多くなっています。

このような中、保育士の資格取得を目指す人も増加しています。資格は保育士養成校に認定されている大学でも取得することができるため、大学と専門学校のいずれに進学するべきかと迷う人は多いです。

大学では第二外国語や一般教養といった保育とは関係のない講義を受講する必要があり、その分時間を要し、修業年数も長くなります。この点、専門学校では保育の専門的なことを集中して学ぶので短い修業期間で済みます。

また大学は保育の授業においても学術的な内容が多く、例えば虐待を受けた子どもがパニック等、虐待の後遺症と思われる症状を呈した場合、保育士はどのように対応したらよいのかといった実践的なことを学ぶことは少ないです。

この点、専門学校では具体的な対応を細かく教えてくれるので、就職して保育現場に出た時に即戦力として働くことができ、やりがいを感じます。また、専門学校は大学よりも修学期間が短い為、早く社会に出て、子どもに関わる中で、現場で新たなスキルを身に付けることができるのも魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *