夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年9月3日

保育士を養成する専門学校の最大の魅力

保育士を養成する専門学校の最大の魅力は、自分にあった学び方ができることです。

女性の社会進出に伴い、保育所をはじめとした保育施設は急増しています。

また児童養護施設等の児童福祉施設の小規模化、ユニット化が進んでおり、保育士の需要は急激に高まっています。その為、保育士資格の取得を目指し、専門学校に入学する人は多いです。

保育士を養成する専門学校は、昼間に通学するコースだけでなく、夜間部や通信コースを設けているところもあり、自分の生活スタイルに合わせながら、資格取得に向けて勉強を進められます。

例えば、夜間部であれば昼間に働けるのはもちろんのこと、学校の系列の幼稚園や保育所の補助員の仕事等、昼間の就労先を紹介してくれる学校もあります。紹介された職場では、夜間に学校に通っていることを知っているので、専門学校の授業が始まる時間に間に合うように帰らせてくれます。また、保育士になるには実習が必要ですが、その期間は仕事を休ませてくれるなど、様々な配慮があるので、勉強と仕事を両立させやすいです。

通信部ではスクーリニングはありますが、通学部ほどは学校に通学する必要がないので、仕事と両立させることができます。しかし、インターネットで配信されてくる講義を受けて課題を期限までに提出する必要があるため、自律性が求められます。

このように専門学校には様々なコース(学び方)が用意されていますので、自分の経済状況、生活スタイル、性格などを踏まえて、自分にあった学び方を選べるというのが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *