夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年9月6日

専門学校を卒業すれば一番早く保育士資格をとれる

保育が何かと注目されています。働く母親の社会的援助システムとして整備強化が求められ、都市部では待機児童が社会問題化していること。

ところが少子化や行政改革などの影響で、地域によっては特色のない保育園の運営自体が成り立たなくなってきていること。

そんな環境下にあってわずかずつではありますが、金より好きな仕事をそこに求める男性志望者や他の職業からあえて転職を図る回り道組も増えていることなど、保育士は平和で女性的なイメージだけではありません。新しい流れが期待されている業界であり、資格でもあります。待機児童があふれその解消のため、保育士は常に不足しています。資格があれば就職や転職がしやすくなり、幼稚園等教員免許を持っている人にとっては、保育士の資格を併せ持てばキャリアアップできます。

この仕事は資格がなくてもできますが、資格があれば時給が高くなります。知識やスキルは自分の子育てに役立ち、役所の子供家庭課などの関連職に就く場合の武器にもなります。

保育士は国家試験に合格することで、資格を得ることができます。この国家試験のほかには、厚生労働大臣が指定する短大や専門学校を卒業することにより、資格の取得が可能になっています

。高校を卒業した後で手早く資格を取得するためには、専門学校で2年間保育を学んで卒業することが、一番早い資格取得の方法になります。専門学校を卒業して保育施設に就職すれば、大学卒業者より2年も早く、知識や技術を現場で習得することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *