夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年9月18日

保育士の専門学校に行くメリットとは?

日本においては、保育児童の待機問題が大きな社会問題として近年クローズアップされています。

待機児童を解消していくために保育士の処遇改善などが整備されつつあり、今後ますます需要が高まる職種であると言えます。

保育士になる為には国家資格を取得する必要があります。

この資格を取得するための方法は二つあり、一つは毎年行われている国家試験を受験して合格する事、
もう一つは厚生労働大臣が指定する大学や短期大学、専門学校などの指定養成施設へ進学して必要な課程を全て修了して、卒業と同時に資格取得をすることです。

専門学校をはじめとする指定要請施設へ進学することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。一般的に2年制(一部3年制)で卒業できる専門学校は、授業カリキュラムの中で必要な課程を履修できるため、卒業と同時に国家資格が取得できます。

授業にきちんと出席して一定の成績を残せば、科目は修了出来る為確実に資格取得が望める道であるとも言えます。

この学校は2年制が基本である為、短期間で着実に資格を取得して卒業後直ぐに働くことができるメリットもあります。履修内容をクリアすれば、同時に幼稚園教諭2種免許も取得できる場合もあるため、就職の時にその資格を活かすことができます。

また、専門学校では保育現場で働く講師達による実践的な指導も期待できます。知識の習得だけでなく、実技に関してもより実践的な保育が学べます。

入学後に直ぐに実習のカリキュラムが組まれている学校もあるため、より実戦経験を習得したい人にとっては魅力があります。また、保育士の専門学校では、就職先への紹介が出来る様なネットワークを構築して手厚いサポートを行っている学校も少なくありません。資格取得から就職まで安心して支援を受けられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *