夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年10月6日

保育士の専門学校を選ぶメリット

保育士になるためのルートはいくつかありますが、専門学校もその一つです。

厚生労働省の指定を受けた学校であれば、卒業と同時に保育士資格を取得することができます。また、指定を受けていないところであっても、短大との併修によって資格が取れるようにしているところもあります。さらに、幼稚園教諭の資格を取れる専門学校もあります。

これは、厚生労働省の指定を受けているところと、指定を受けている短大の併修をしているところで、専用のコースを選んで卒業すれば可能です。専門学校で保育士になるメリットは、実践力がつくことです。多くの専門学校は併設の保育園を持っていたり、提携していたりしますから、そこで実習をすることで実技力を高めることができます。

保育士の資格は試験に合格しても取得することができますが、独学だとこういった実技能力は高めることができません。そのため、すぐに働くことができる力が身についているとは言い切れないでしょう。これは、就職をする場合にも見られるポイントですから、重要な点です。

また、短期間で取得することができる、学費が安くて済むというのもメリットです。昼間コースならば2年で卒業できますし、夜間なら3年で卒業できます。夜間でも授業の時間が多く取られている所であれば、2年で卒業できるコースを用意しているところもあります。大学ならば4年を要しますし、その分学費も高くなってしまいますから、コストも抑えたいなら、専門学校が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *