夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年11月6日

専門学校と言っても選択肢が2つある保育士

保育士を目指している方にとっては、どの選択肢から資格取得を目指すのかも大切なことですが、大きく分けると4年制の大学を卒業する方法と、短期大学を卒業する方法、そして最後に専門学校を卒業する方法の3つが考えられます。

中でも専門学校を卒業する方法が入学試験もない場合が多く、学習期間も短いことから選択しやすい特徴があります。そんな専門学校で保育士の資格取得を目指す場合、実は2つの方法に分かれていることをご存知でしょうか。その2つの方法とは文部省・厚生労働省が認可している学校を選択する方法と、文部省・厚生労働省が認可していない学校を選択する方法です。

文部省・厚生労働省が認可してしている学校は、その学校のカリキュラムを修了して卒業すれば保育士の資格はもちろんのこと、同時に幼稚園教諭2種免許も取得できる最も一般的な方法になります。
これに対して文部省・厚生労働省が認可していない学校は、その学校だけを卒業しても資格取得はできず、その他に通信制短大などの卒業が必要とされます。要するに専門学校と通信制短大の両方を同時に修学するという事で一見すると大変そうに感じるかもしれません。

しかし、通信制短大も同時に卒業するということは学歴業は短大卒となりますので、その点は大きなメリットです。また通信制短大の場合にはカリキュラムに社会福祉など他の資格の取得も含まれていることが多いので、様々な資格の取得を目指したい方には人気の方法です。この2つの方法はどちらにも異なるメリットが存在しているので、その点をよく理解した上で自分に適した方法を選択するようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *