夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年11月15日

専門学校での保育士資格取得には独自の長所があります

保育園で子供の保育に携わる業務をするためには、国家資格である保育士資格が必要です。

この資格を取得するためには、厚生労働大臣が指定する、大学、短大、専門学校を卒業する必要があります。大学を卒業することには、大きなメリットがありますが、専門学校にも独自の長所があります。大学に保育士資格を取得するまで在学すると、様々な科目を受講することができます。児童心理学や教育学など、直接的に保育に関わる科目だけではなく、専攻が別の講義も受講が可能です。

経済学や経営学の講義を受講していると、保育園の経営に役立ちます。また、社会学や政治学などを学習すると、広い視点で児童の人間関係を観察し、調整することができるようになります。このように、大学には幅広い科目を学習できるという、大きなメリットがあります。専門学校を卒業し、保育士資格を取得すると、他の科目を勉強する時間は、通常では取ることが難しいです。

しかし、専門学校では、最短2年で資格を取得することが可能です。そのため、早くに現場を経験し、即戦力として活躍できる人材になるのを、早めることができます。また、3年制の学校に通うと、幼稚園教諭の資格も、取得することが可能になります。大学で保育士資格を取得することには、大きなメリットがあります。しかし、専門学校にも独自の長所があります。そのため、各学校の違いを吟味し、自分に合った教育施設で、保育士資格を取得することが望まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *