夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2017年12月15日

保育士養成の専門学校について

近年待機児童が社会的におおきな問題になっています。

働く女性にとって保育園に子供が預けられないとの悩みが多くなっています。この問題の根本的な要因は保育士の絶対的な不足にあるということです。そこでこのような不足を解消するための役割を果たすのが保育士養成の専門学校です。
この専門学校では様々なカリキュラムを用意しています。ここでは所定の科目、課程を履修すると卒業と同時に保育士資格が取得できるため2~4年後に確実に資格が取りたいという方にはおすすめです。

保育士養成校には、幼稚園教諭免許を同時に取得できる学校があります。大学では幼稚園教諭1種免許、短期大学と専門学校では幼稚園教諭2種が取得できます。以上が専門学校のメリットですがデメリットもあります。
それの第一は高額な学費にあります。そしてこの面での国や自治体の支援はまだまだ行き届いてはいないです。そして第二の課題は資格習得をするための卒業までの期間にあります。その学校によっても違いますが3、4年を要します。

つまり現状の待機児童問題にはすぐには対応できないことです。こういった問題の解決には過酷な保育という現場で働く保育士の給与の改善は当然のことながら必要となります。そのうえに専門学校での学費や養成機関の短縮などの課題に国や自治体が幅広く対策を講じることが大切になってきています。待機児童問題は国や自治体だけではなく企業や各個人にとっても避けて通れない課題になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *