夢を叶えるなら保育士の専門学校を調べるべきだ!
2018年2月12日

保育士の資格を専門学校で取得するときの注意点

保育園や学童、託児所などで働くときには保育士の国家資格が必要になります。資格の取得には2つの道があり、1つは年に2回実施されている試験に合格する方法です。

もう一つは、保育の専門学校や児童の教育課程を学べる大学や短大に入学して、卒業する方法です。試験を受ける方法は、学校に長期間通う必要がないため、社会人や主婦の方が保育士を目指すときにおすすめの手段です。学校に通う方法は、卒業するまでに最低2年以上は必要になりますが、その代わりに独学や通信講座では学べない生きた知識や実習を受けることができます。

また、学校を卒業すれば試験は免除されるメリットもあります。学生が保育関係の進路を選ぶときには、学校に通う方法で資格を得るのが適しています。また、学校に通うメリットとしては、保育士以外の幼稚園教諭の資格も同時に取得できることが多いため、進路の幅を広げることができます。

学校は学問として幼児教育全般を学びたい場合は、四年制の大学がおすすめです。しかし、なるべく短い期間で保育の仕事に就きたい場合には専門学校や短大が合っています。専門学校と短大のどちらでも資格は取得できますが、保育により特化した授業を受けたいのであれば、専門学校がおすすめです。専門学校は現場で即戦力として活躍できるような実践的なカリキュラムが組まれているところが多いためです。逆に短大の場合は、保育以外の一般企業への就職もできる点が魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *